カビにはアルコールが効果的!簡単に除去や予防ができます!

生活

スポンサードリンク
 





お風呂場などでカビを見つけてしまってイヤな気持ちに

なったことはありませんか?

お風呂場だけでなく、キッチンや畳、エアコン内部、壁、衣服など、

部屋のさまざまな場所にカビは生えます。

いざ掃除をしよう!と思っても、

「どうやってカビを掃除したらいいのかな?」

「カビにはどんな洗剤が効果的なんだろう?」

と、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、普段の掃除の中に簡単に取り入れられる、

アルコールを使ったカビ除去のやり方と、

カビを生えにくくするやり方をお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

カビはそのままにしておくと危険です!

 

そもそもカビがなぜ生えるのかをご存知ですか?

実は、カビ菌は、空気中に常に浮遊しているもの。

それが、3つの条件がそろって初めて繁殖して、

目に見えるカビとなって現れるのです。

カビが繁殖する3つの条件とは、湿度・温度・栄養分です。

湿度は約75%以上、温度は約25度以上、

ホコリや人の皮膚などの栄養分があること、がそろうと、

カビが繁殖すると言われています。

日本は湿気が多く、気温25度以上の日も多い国なので、

残念ながらカビにとっては繁殖しやすい環境なのです。

日本でカビを見たことがない人はきっといないはずです。

 

そのカビですが、家で生えているのを見つけてしまって

もし放っておいたらどうなるのか。

カビ掃除ってとても億劫ですよね。

でも、だからといってそのままにしておくと、

後々大変なことになる可能性があります。

というのも、自宅の中でよく見るカビは、クロカビやススカビが

多いのですが、それぞれ人体に悪影響を及ぼす危険があるのです。

クロカビというのは、繁殖力がとても強く、家の中の様々な場所で

発生します。

クロカビは、放っておくとどんどん繁殖し、その胞子を吸い込むと、

アレルギーや喘息の原因になってしまいます。

ススカビも、家の中の様々な場所で発生しますが、特に強力なカビです。

ススカビの胞子はとても軽くて空気中に飛び散りやすく、

長時間空気中に浮遊していられるという性質があります。

さらに、鼻腔内にとどまりやすいため、

アレルギーを発症してしまう原因となるのです。

アレルギー性鼻炎という病気がありますが、このカビが原因の

場合もあるんですよ。

よく見るカビだからといって放っておかず、

すぐに対処しなければいけないことが分かりますよね。

 

アルコールでカビを除去する方法!カビ予防にもなります

 

 

では、アルコールを使ってカビを除去する方法と、

カビの予防方法についてお伝えします。

 

使うのは、消毒用アルコールです。

それを、100円均一ショップなどで売っているスプレーボトルに

入れます。

次がポイントですが、それをそのままカビの箇所に

吹きかけるのではなく、雑巾やキッチンペーパーなどに吹きかけ、

先にカビを拭き取ります。

理由は、カビが生えた状態でアルコールをスプレーしてしまうと、

カビの胞子が周辺に飛び散ってしまうからです。

そして、カビを拭き取ったら、その箇所に直接アルコールを

スプレーしてください。

カビ除去のやり方は、以上となります。

いかがでしょうか、案外簡単だと思われた人も

いるのではないですか。

 

注意点としては、火のそばでアルコールを使わないということと、

換気をしながら掃除をするということくらいです。

アルコールは人体にも影響はありませんし、

安心してカビ掃除ができますよ。

 

次に、カビを生えにくくするやり方ですが、

こちらも消毒用アルコールのスプレーを使います。

カビの胞子は、アルコールに触れた時点で死滅しまいます。

ですので、いつもの拭き掃除の際に、

アルコールスプレーで仕上げ拭きするだけで、

簡単にカビ予防ができますよ。

なお、カビが繁殖する条件にもあったとおり、

湿気をためないこと、栄養分を与えないことも重要です。

日常の換気や掃除も、カビ予防には大切だ

ということが分かりますよね。

 

カビに効果的なアルコールを使って、快適な生活を

 

消毒用アルコールは、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

「お風呂場にカビが生えていることは知っているけれど、

憂鬱だったから掃除をまだやっていない。」という人がもしいたら、

ぜひ今からでもやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました