窓枠にできたカビ!掃除は重曹でできる!掃除方法も  

生活

スポンサードリンク
 





普段なかなか見ることのない、窓枠。

そして、なかなか掃除をすることもありませんよね。

年に1度の大掃除の時などに、「え?!窓枠のこの黒い汚れ、

カビ?!」と驚いたことがある人は多いのではないでしょうか。

そうなんです、実は、窓枠はカビが繁殖しやすい場所なんです。

 

普段あまり見ない場所だから、とそのまま放置してしまうと

大変なことに。

アレルギーや喘息などの原因になる可能性もあり、人体に

悪影響を及ぼしてしまうことも。

また、窓枠自体の劣化を早めてしまう可能性もありますよ。

 

ですから、カビを見つけた時にはすぐに掃除をしましょう。

 

ここでは、窓枠を重曹で掃除する方法をお伝えします。

ぜひ役に立ててくださいね。

 

窓枠になぜカビが生えるの?

カビ菌は、目には見えませんが、普段空気中にたくさん浮遊しています。

それが繁殖すると、目に見えるカビとして出現するのです。

 

カビができるのには、3つの条件があると言われています。

それは、25度前後の温度、約75%の湿度、

ホコリなど栄養となるものがある、という3つです。

 

では、窓枠にはなぜカビが生えるのでしょうか。

それは、寒い冬に起こる結露が原因のことが多いようです。

先ほど紹介した、カビができる条件の、湿度の部分ですね。

特に、室内が暖房などで温まっている場合は、外気と室温の差が

大きくなり、窓に水滴がたくさんできます。

その水滴が垂れたり、残ったりすると、その時の温度やホコリと

相まって、窓枠やゴムパッキン、サッシなどにカビが

繁殖してしまうのです。

 

窓に水滴が付いた時にすぐに雑巾などで拭けばカビは

できないと思いますが、それはなかなか難しいところですよね。

 

窓枠のカビ掃除は重曹でもできます!

 

 

それでは、できてしまった窓枠のカビを掃除するには

どうしたらいいか。

カビ取り剤やエタノールなど、色々なものを使って掃除はできますが、

ここでは、重曹を使った掃除方法をお伝えします。

 

重曹は、薬局やドラッグストアなどで簡単に、安価に手に入ります。

ご家庭にあるという人も多いのではないでしょうか。

 

窓枠のカビ掃除をするには、まずは、この重曹を使ってペーストを

作ります。

やり方は簡単です。

重層2に対して、水が1、これを混ぜ合わせるだけです。

そして、このペーストを、窓枠のカビ汚れが気になる箇所に

塗って数分置きます。

数分経ったら、雑巾などでしっかりとふき取りましょう。

 

これだけでもある程度のカビを取ることはできますが、

より効果的なのは、クエン酸を併用する方法です。

クエン酸も、ご家庭にある人も多いのではないでしょうか。

なければ、薬局やドラッグストアなどで購入できますし、

お酢で代用することもできます。

 

やり方は以下の通りです。

先ほどの重曹のペーストの上に、クエン酸を含んだ水を吹きかけます。

クエン酸の量は、水200mlに対してクエン酸小さじ1、それを

スプレーボトルに入れて吹きかけるとやりやすいです。

吹きかけると、泡立ってきますので、後は、ラップをかけて、

カビ汚れとペーストをしっかり密着させて、1時間ほど置きましょう。

その後は、雑巾などでしっかりとふき取ります。

少々時間はかかってしまいますが、この方法だと、

頑固にこびりついたカビも除去できますよ。

 

重曹はカビ予防にもなる!

 

重曹を使った窓枠のカビ掃除、ご覧になっていかがですか?

1時間ほど時間をおかなければいけませんが、他の掃除の合間や、

他の家事とうまく組み合わせればあっという間にできてしまいます。

ぜひやってみてくださいね。

 

なお、重曹はカビ予防にもなるんです。

やり方は、水200mlに対して重曹小さじ1、それを窓枠に塗って

ふき取るだけ。

予防を定期的にすることによって、カビが窓枠にこびり付いて

なかなか取れない、なんてことにもならないですよ。

こちらもぜひ試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました