エアコンの「除湿」と「冷房」の違いは何?電気代の違いも説明します!

生活

スポンサードリンク
 





日本の暑い夏。

いざエアコンを付けようとした時に、除湿にするか、

冷房にするか迷ったことはありませんか?

また、常に除湿、もしくは、常に冷房にしているということは

ありませんか?

私もその一人で、除湿と冷房の違いを正しく知るまでは、

なんとなく冷房にした方が涼しくなる気がしていたので、

冷房だけを使っていました。

除湿っていつ使うのかな?とも思っていて、それまで

除湿をしたことはありませんでした。

 

実は、除湿と冷房は全く異なるんです。

ここでは、エアコンの除湿と冷房の違いを

分かりやすく説明します。

 

正しい設定をして、暑い夏を乗り切りましょう。

 

除湿と冷房の違いとは

 

夏に使うエアコンの機能は、除湿(ドライ)機能と冷房機能ですが、

まずは、それぞれの機能の特徴をお伝えします。

 

まず、除湿(ドライ)機能についてです。

除湿とは、部屋の空気の湿度を下げることを一番に考えた機能です。

一般的に、温度が高ければ高いほど、空気中の水分量は増えます。

温度が高くなると部屋はじめじめとしてきますが、

エアコンは、その湿度の高い部屋の中の空気を吸い込み、

空気を冷やします。

そうすると、空気の中に含まれていた水分が水滴となって、

ホースをつたって部屋の外に流れます。

水分がなくなった後のさらさらで涼しい空気は

また部屋の中に戻され、部屋が涼しくなるという仕組みです。

 

なお、除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の

タイプがあります。

水分を部屋の外に追い出す仕組みは同じですが、

部屋の中に戻される空気の温度が異なります。

弱冷房除湿は、涼しくなった空気をそのまま部屋の中に戻します。

それに対して、再熱除湿は、涼しくなった空気を、

快適な温度に暖めなおしてから部屋の中に戻します。

ただ、この再熱除湿の機能は、すべてのエアコンに

ついているわけではありません。

価格の高いエアコンにのみついている機能なので、

「除湿」、または「ドライ」と書かれたボタンしかない場合は、

弱冷房除湿のことだと思ってください。

「さらっと除湿」や「カラッと除湿」、「ソフトクール除湿」などと

書かれたボタンがあれば、それは再熱除湿のことです。

 

次に、冷房機能についてです。

冷房は、部屋の空気の温度を下げることを一番に考えた機能です。

エアコンが部屋の中の空気を吸い込み、空気中の暑い熱を部屋の外に

逃がします。

そして涼しくなった空気を部屋の中にまた戻して、

部屋を涼しくするという仕組みです。

 

それぞれの違いは分かりましたか?

 

除湿と冷房どちらがいいの?

 

 

それでは、除湿と冷房はどう使い分ければいいのか、

についてお伝えします。

 

いたってシンプルな考え方で大丈夫です。

温度が高い日には冷房を、それほど温度は高くないけれど

湿度が高い時には除湿を使うという考え方です。

なお、再熱除湿のタイプがあるエアコンを持っている人は、

梅雨などじめじめした時には、冷えすぎない再熱除湿が

おすすめです。

 

また、それぞれの電気代も気になりますよね。

よく、除湿は冷房よりも電気代が高いと聞きませんか?

でも実はそれは間違いです。

電気代が一番安いのは、弱冷房除湿と、26度から28度くらいの

高めの設定にした冷房です。

それに対して、再熱除湿は電気代が高くなります。

一度涼しくした空気を再び暖めなおすため、そこで

電気代がかかるんです。

 

まとめると、「真夏には冷房」、「真夏以外は弱冷房除湿」。

再熱除湿のタイプがあれば、加えて「梅雨には再熱除湿」。

覚えておくのはこれだけです。

 

除湿と冷房の違いを知って賢くエアコンを使おう!

 

以上が除湿と冷房の違いですが、その他にも、

エアコンの効率を上げるためにできることを知っておくと

いいですよ。

それは、直射日光を部屋に入れないこと、扇風機を一緒に活用して

エアコンの風を部屋に行きたらせることです。

そうすることで、エアコンの電気代の節約にもなります。

除湿と冷房の違いや、エアコンの効率を上げる方法を知って、

賢く夏を乗り切りましょう。

タイトルとURLをコピーしました