そうだったのか!アウターに毛がつく理由や毛がつきやすい素材とは?

生活

スポンサードリンク
 





せっかくお気に入りのコートを着たのに、

コートに洋服やマフラーなどの毛がついてしまって

残念なことってありますよね。

 

コートなどのアウターに毛がつく原因は「静電気」ですが、

詳しく調べると、静電気が起きやすい素材の組み合わせというのが

あったのです。

つまり、その素材の組み合わせを避ければ静電気を抑えることができ、

アウターに毛がつきにくくできるということ。

 

ここでは、静電気が起こる仕組みから分かる

静電気の起きにくい素材の組み合わせや、

毛がついてしまった時の対処法や予防のポイントをまとめてみました。

 

まずは、静電気が起こる仕組みから。

 

静電気は、人や物から発生している電気が原因で起こります。

その電気は、放電されれば静電気が起こらないのですが、

湿度が低い冬は放電されずに電気がその場に留まります。

 

電気にはプラスとマイナスがありますが、

そのプラスとマイナスが結びつくと静電気が起こります。

 

つまり、プラスの電気を発生させる素材と、

マイナスの電気を発生させる素材を組み合わせなければ、

静電気が起こりにくいということ。

同じ種類の電気を発生させる素材を組み合わせるといいのです。

 

プラスの電気を発生させる素材は、ウール・カシミヤ・レーヨンなど。

マイナスの電気を発生させる素材は、アクリル・ポリエステル・ポリウレタンなど。

 

ですので、同じ、プラスの電気を発生させる素材の

「ウールのアウターにカシミヤのニット」、

「ポリエステルのアウターにポリエステルのマフラー」

という組み合わせにすればアウターに毛がつきにくいのです。

 

アウターに毛がつく…コートなどに毛がついた時の対処法とは?

スポンサードリンク

 

先ほど、静電気が起きにくい素材の組み合わせをご紹介しましたが、

常にその素材の洋服や小物を選べるかというとそうでもないですよね。

 

また、静電気が起きにくい素材の組み合わせとはいえ、

繊維が抜けやすかったりすると、どうしても毛がついてしまいます。

 

そこで、ここでは、アウターに洋服や小物の毛がついた時の

対処法をご紹介します。

 

まずは、アウターについた毛を、

エチケットブラシや洋服用ブラシで取ります。

そのあと、洋服や小物も、エチケットブラシや洋服用ブラシで

念入りにブラッシングしましょう。

 

こうすることで、洋服や小物についている、

抜けやすい毛や余分な毛を取り除くことができますよ。

 

衣服用の粘着テープを使ってもいいですが、

やり過ぎには気を付けましょう。

繊維が抜け過ぎると、生地が弱くなってしまいます。

 

アウターに毛がつく…毛がつかない対策や予防法とは?

 

次に、素材選び以外の、アウターに毛がつかないようにする

対策をご紹介します。

 

おすすめは、一度、洋服や小物を、

柔軟剤を使って洗濯する方法です。

 

柔軟剤には界面活性剤という、水を取り込みやすい成分が入っており、

洋服や小物に水分を蓄えてくれます。

静電気は水分が多いと起きにくいため、

柔軟剤の効果によって静電気の発生が抑えられるのです。

 

また、洗濯をすることで、洋服や小物についていた

抜けやすい毛や余分な毛を取ることもできます。

 

なお、洗濯をする時には、品質表示タグをしっかりと確認し、

ダメージの少ない方法で洗いましょう。

 

間違っても洗濯機で洗って乾燥機で乾かす、ということは

しないようにしましょう。

 

手間はかかりますが、基本は手洗いで、

場合によってはクリーニングに出しましょう。

 

その他の予防としては、静電気除去スプレーも効果的です。

静電気除去スプレーは、ドラッグストアや、

最近では100円均一ショップなどでも買うことができます。

 

スプレーを、洋服や小物、アウターにかけると、

簡単に静電気を除去してくれるので、一本持っておくと便利ですよ。

 

まとめ

せっかくのお気に入りのアウターです、

気分よく着たいものですよね。

ここでご紹介した、静電気の起きにくい素材の組み合わせや、

毛がついてしまった時の対処法や予防のポイントをぜひ活用し、

寒い冬を気分よく乗り切ってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました