クエン酸は加湿器の汚れ落としに最適!?でも人体に害はないの?

生活

スポンサードリンク
 





空気が乾燥しやすい冬に活躍する加湿器は、
とても身近な家電のひとつですよね。
風邪予防やお肌のためなど、さまざまな目的で
使用されていると思います。
その加湿器ですが、実は内部はとても汚れやすい
ということを知っていますか?
きちんと掃除をしていないと、水垢がこびりついて
なかなか取れなくなり、故障の原因になることもあります。
そのためにも掃除は欠かせません。

でも、加湿器の掃除って、面倒なイメージですよね。
できれば、手間がかかることはやりたくないものです。
そこで、ここでは忙しい人でも簡単にできる
加湿器の掃除の方法をお伝えしたいと思います。
使うのは「クエン酸」です。
クエン酸は天然成分なので、体に有害な要素を含みません。
お子さんやペットがいる家庭でも安心して使えますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

クエン酸を加湿器に入れたまま運転は大丈夫?やめたほうがいい?

加湿器についた水垢は、水に含まれるミネラル成分が
結晶化して白く残ったものです。
そのままにしておくと、石のように固い水垢汚れになってしまい
こすり洗いをしたくらいでは取れません。
無理に水垢を取ろうとして素材を傷めてしまうことも
あります。
そんな時に活躍するのがクエン酸です。
クエン酸は、レモンなどの柑橘類に含まれる物質で、
「酸性」の性質を持っています。
水垢の汚れは「アルカリ性」なので、酸性とアルカリ性が
中和して、水垢がふやけて柔らかくなるんです。
クエン酸を使うと、こすり洗いをしなくても、
水垢がきれいに落ちますよ。

ひとつ気を付けたいのは、クエン酸を加湿器に入れたまま
運転をしないことです。
クエン酸を入れたまま運転をすると、フィルター部分に
クエン酸が残り、それが固まってしまって故障の原因に
なることもあります。
一度やったからといってすぐに故障するわけではないですが、
おすすめはできません。
掃除をする時は、誤って運転してしまわないためにも、
コンセントを抜いておくといいですね。

クエン酸を使った加湿器の掃除方法!これなら簡単にできる!

ここからは、クエン酸を使った加湿器の掃除方法をお伝えします。
できるだけ手間をかけたくないので、
週に1度と、月に1度やる掃除を2ステップに分けます。
2ステップに分けると気が楽になると思いますよ。

まずは、週に1度の掃除の方からご説明します。
水1ℓに対し、クエン酸を大さじ1(15g)の割合で入れ、
かき混ぜてクエン酸水を作ります。
クエン酸水を加湿器のタンクの中に入れ、一晩置いておきます。
次の日の朝、タンクを水でよくすすぎます。
これで、以上です。
週に1度の掃除は終了ですよ。
いかがでしょうか?
これだけなら、毎週水曜日にやろう、などと
曜日を決めてできそうではないですか?

次に、月に1度の掃除です。
週に1度の掃除だけでは落としきれない、
フィルターなどの水垢掃除をやります。
やり方はこちらも簡単です。
フィルターやそれ以外の水垢が気になる部品を外し、
先ほどご紹介したクエン酸水に漬け置きします。
ご参考までに、私はバケツや桶を持っていないので、
いつも洗面台でやりますよ。
3~4時間程経ったら、水でよくすすぎます。
その後、フィルターや部品についた水気を、
キッチンペーパーや乾いた布で拭きとり、
元の位置に戻せば完了です。
これも、毎月1日にやろう、などと決めてやれば
億劫にならないくらい簡単ですよ。

クエン酸で加湿器を簡単にきれいにしよう!

毎日たくさんある家事。
共働きの家庭など特に、少しでも手が抜けるところは
抜きたいものですよね。
ここでご紹介したクエン酸を使った加湿器の掃除は、
とっても簡単だったと思います。
簡単な方法ですが、しっかりときれいになりますので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました