どうしよう…手に漂白剤が!手についたぬるぬるの正体は?取る方法も解説

生活

スポンサードリンク
 





塩素系漂白剤が誤って手についてしまい

焦ってしまうことってありますよね?

ぬるぬるして、「手が溶けたの!?」と心配になってしまいます。

そんな時には、すぐに水で洗い流しましょう。

 

そして塩素のにおいもなかなか取れなくて困りますよね。

水で洗ったあとに「酢水」を使うのがおすすめですよ。

 

そもそも、塩素系漂白剤が手につくと

どうしてぬるぬるするのでしょうか。

それは、本当に手の皮膚が溶けているからなんです。

 

塩素系漂白剤には、かなり強いアルカリ性の

水酸化ナトリウムという物質が入っています。

この水酸化ナトリウムには、タンパク質を分解する働きがありますが、

手につくと、皮膚の表面のタンパク質も分解してしまうんです。

これがぬるぬるする原因です。

 

ここでは、塩素系漂白剤が手についた場合のぬるぬるを取る方法や、

においを取る方法を詳しくご紹介します。

つかないように注意するのが一番ですが、

万が一ついてしまった時にはぜひ参考にしてみてください。

 

漂白剤が手についた場合の対処法は?皮膚も漂白されて白いシミが残ってしまう!?


スポンサードリンク

塩素系漂白剤は、まな板の黄ばみをキレイにしたり、

カビをとってくれたりととても便利な洗剤です。

どこの家庭にも1個はあるだろう身近な洗剤ですが、

使用する時には細心の注意を払わないといけない

とても強い成分が含まれたものです。

 

誤って手についてしまった場合には、

すぐに大量の水で洗い流しましょう。

そのままの状態で置いておくと、中に含まれている

水酸化ナトリウムの働きで、

やけどのような症状になってしまい危険です。

 

このような、薬品が皮膚について起こるやけどのことを、

「化学熱傷」と言いますが、アルカリ性によるやけどは

重症になりやすいんです。

皮膚が白くなって、かなりの激痛を伴うこともありますよ。

 

ですので、誤って手についてしまった場合には、

しっかりと水で洗い流すことが重要なんです。

 

ただ、皮膚の炎症がひどい場合や、いつまでも痛みがある場合は、

手遅れになる前に病院に行って医師に診てもらいましょう。

 

手に漂白剤が!手についたにおいを取る方法とは?酢水を使うと効果的

次に、手についたにおいを取る方法をご紹介します。

 

においだけであれば特に身体に悪影響はありませんが、

塩素は独特なにおいなので気になってしまいますよね。

 

ただ水で洗い流しただけでは、塩素のにおいはなかなか消えません。

そこでおすすめなのが、「酢水」を使う方法です。

 

塩素系漂白剤はアルカリ性ですが、

酢はそれとは正反対の性質の酸性です。

アルカリ性と中性を混ぜると、お互いの性質を打ち消す

「中和」という現象が起きます。

中学の時に理科の授業で習いましたよね。

この現象を利用するんです。

酢水を使うことで、塩素系漂白剤の水酸化ナトリウムを

中和することができるんですよ。

 

やり方はとても簡単です。

ボウルなどの容器に、水100㏄と酢小さじ1を入れてかき混ぜ、

酢水を作ります。

塩素系漂白剤がついてしまった手を、その酢水の中に浸します。

塩素のにおいを感じないことが確認できたら、

手を酢水から出して水でよく洗い流します。

これで以上です。

 

ちなみに、においを取る時に使うのは、酢水でなくても、

身体に害のない酸性の性質であれば何でもいいですよ。

レモン果汁でも代用できるので覚えておきましょう。

 

漂白剤とうまく付き合おう!

わたしは黄ばみや黒ずみ、カビを見つけると気分が下がってしまうので、

キッチンやお風呂場などあらゆる所に塩素系漂白剤を使います。

ほぼ毎日使うというくらい愛用しています。

けれど、手や身体につくと怖いので、いつもポリエチレンや

ビニールの手袋をつけて、換気しながら作業します。

 

あなたも、使う時には細心の注意を払いつつ、

この便利な塩素系漂白剤とうまく付き合ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました