ウォシュレットの後にトイレットペーパーがくっつく!一体どうしたらいいのか?

生活

スポンサードリンク
 





トイレでウォシュレットのあとにトイレットペーパーがくっついてしまうということありませんか?

 

トイレットペーパーがぽろぽろとくっついてなんとなく気持ち悪いですよね・・・。

 

かといってウォシュレットを使いたいときはどうすればいいのでしょうか。

詳しい対処法をご紹介していきます!

 

ウォシュレットで使うトイレットペーパーは専用品じゃなきゃダメ?そんな事はありません!

スポンサードリンク

たまにウォシュレット専用のトイレットペーパーが売られているのを見たことはありませんか?

私もこれを使えばくっつくということはないのかなと思って試しに使ってみました!

 

ウォシュレット専用のトイレットペーパーは触ってみただけで厚手でしっかりしているなというのが分かりました。

使い心地もよく、ウォシュレットを使わないときにもすごくいいなと思いました。

 

実際にウォシュレットのあとに使ってみたのですが、ぽろぽろとくっつくことはありませんでした!さすがです。

 

ですが少し値段が高いのと、場所によっては売っていないことがあるのがデメリットなんですよね。

 

そこで、どこにでも売られている紙質がわりとしっかりしていて吸収性の高いトイレットペーパーも使ってみました。

これならそこまで価格も高くありませんし、わりと厚手でしっかりしています。

 

これでもウォシュレットのあとに使ってみましたがくっつくことなく快適に使えました。

 

よってウォシュレット専用のトイレットペーパーを使わないといけないということはありませんでした。

 

わりと厚めの、吸収性の高いトイレットペーパーを使えばくっつきは防止することができますよ!

 

逆に安くて薄いトイレットペーパーはくっつきやすく、ぼろぼろになりがちです。

トイレットペーパーの紙質で見極めることはとても大切ですね。

 

ウォシュレットの後にはトイレットペーパーを使う派?使わない派?それぞれの言い分を調べてみました。

そもそもウォシュレットは使う方と使わない方がいますよね。

ウォシュレットがないトイレは使えない!というほどウォシュレットを必須としている方もいれば、今まで人生で使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

 

その中でもウォシュレットを使う方の中には、ウォシュレットを使った後にトイレットペーパーを使って拭く方と拭かない方にも分かれるんです。

 

ではそれぞれの言い分を詳しく見ていきましょう。

 

トイレットペーパーを使う派の意見としては

 

・ウォシュレットから出た水滴が出るのでそれを拭かないと濡れてしまう!

 

・きれいにしてから下着を履かないと気持ち悪い!

 

 

こんな意見がありました。

 

一方ウォシュレットを使ったあとにトイレットペーパーを使わない派の意見としては、

 

・トイレットペーパーがくっつくのが嫌だ

 

・もうきれいになっているからそのまま下着を履いちゃう

 

・乾燥機能を使っているからトイレットペーパーは使わない

 

という意見がありましたよ!

 

では正しいウォシュレットの使い方があるのかを調べてみました。

実は日本レストルーム工業会というところで正しい使い方が決められていましたよ。

 

・便座に深く腰かけて用を足す

・温水でウォシュレットを使って洗浄する

・局部についた水滴をとる

 

という流れが基本的な使い方のようです。

 

ちなみに局部についた水滴を取るのは、トイレットペーパーを使うまたは乾燥機能を使って乾燥させるどちらでもいいとのこと。

 

よってウォシュレットのあとにトイレットペーパーを使っても使わなくてもどちらもいいということですね。

 

まとめ

以上、ウォシュレットのあとにトイレットペーパーを使うとくっついてしまうというお悩みについて調べてみました。

 

トイレットペーパーはぜひ厚手のものを使うようにしましょう。

いくつかメーカーを試してみてお気に入りのトイレットペーパーを探してみるのがいいですね。

 

ウォシュレットのあとにトイレットペーパーを使う、もしくは乾燥機能を使うことが基本的な使い方です。

 

使いやすいやり方を試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました