布団乾燥機の効果的な使い方とは?週に何回位すればいいの?

生活

スポンサードリンク
 





重い布団を干そうと思うとかなりの重労働で大変。

また、梅雨時にはなかなか布団が干せなくて困りますよね。

そんな時に活躍するのが布団乾燥機です。

 

その布団乾燥機は字のごとく、布団を乾燥してくれる機械ですが、

何の目的で乾燥するかは人それぞれ異なると思います。

そこで、目的別におすすめの使用頻度を紹介します。

 

「湿気を取る」目的の場合、週に1回。

 

「ダニ退治」の目的の場合、1日2回を3日連続。

 

「ダニ抑制」の目的の場合、夏なら週に1回、冬なら月に1回。

 

また、「湿気を取りつつ布団を温める」目的の場合、冬なら毎日。

 

おすすめの使用頻度を知って、効果的に布団乾燥機を使いましょう。

 

効果的なやり方を伝授!布団乾燥機でダニ退治をする時のポイントは?

スポンサードリンク

ここでは、

「ダニ退治」

「ダニ抑制」を目的に

布団乾燥機を使う場合のポイントをくわしくご紹介します。

 

その前に、そもそも、ダニとはどういうものでしょうか。

 

ダニは小さすぎて姿は見えませんが、

家の中のあらゆる所にいる生き物です。

 

特に、布団やシーツ、まくらなどにはたくさん存在しています。

なぜなら、寝具類はダニにとって格好の食事場所だからです。

ダニにとっての食事(エサ)とは、人のフケやアカ。

寝具類は毎日使うものなので、それらのエサがたくさん付いているんです。

 

また、人は眠っている間に大量の汗をかくので、

寝具の湿度は高くなっています。

ダニは湿度が60~80パーセント以上になると発生しやすいと

言われていて、寝具は湿度の面からみても住みやすい環境なんです。

考えただけでぞっとしてしまいますよね。

 

経験したことがある人は容易に想像できると思いますが、

ダニに刺されるとかゆくて仕方がありません。

寝られない程かゆいです。

 

また、ただ単にかゆいだけでなく、ダニアレルギーや喘息という、

深刻な健康被害を引きおこすこともあります。

 

ですので、寝具のダニはきちんと退治しておかなければなりませんし、

抑制するための対策も大切なのです。

 

その、寝具のダニ退治やダニ抑制に、布団乾燥機はとても有効です。

 

布団乾燥機のやり方ですが、最近の布団乾燥機には

ダニ対策のための自動モードが付いているものが多いので、

基本的にはそれに合わせて運転すれば大丈夫です。

 

ただ、自動モードがなく、手動でしなければならない場合もあります。

 

その場合は、布団片面ずつ60分を、50℃以上の設定温度で行いましょう。

 

これには理由があります。

 

ダニは50℃で死滅します。

設定温度が50℃以下だと意味がないので、必ず

50℃以上に設定しましょう。

 

また、布団を布団乾燥機にかけると、その温度のせいで

ダニは一斉に反対側に逃げていきます。

ですので、片面が終わったらなるべく早く、

もう片面も布団乾燥機をかけましょう。

 

そして、自動モード、手動モードのどちらの場合もですが、

布団乾燥機を使い終わったら、必ず掃除機や布団専用クリーナーで

ダニの死がいを掃除してくださいね。

布団乾燥機で死滅したダニの死がいは、掃除しないことには

そのまま放置されることになります。

 

冒頭でもお伝えしましたが、

ダニを退治する場合、布団乾燥機は1日2回を3日連続で

やると効果的です。

これ位念入りにすると安心です。

 

ダニ退治をしたあとは、ダニを発生しにくくするため、

夏なら週に1回、冬なら月に1回やれば効果的ですよ。

 

この、季節によって異なる使用頻度については、

次で詳しく説明します。

 

季節によって異なる!?布団乾燥機の使い方や使用頻度とは?

日本には四季があるため、季節によって

気温や湿度は大きく変化します。

ですので、特に夏と冬では、布団乾燥機の使い方や

使用頻度を変えた方がより効果的です。

 

まずは夏から。

夏は、気温は高く、湿度も高いです。

そして、梅雨の時期もあります。

基本的には「湿気を取る」目的、また「ダニ抑制」の目的の場合、

使用頻度は週に1回でいいですが、

梅雨の時期には週に2~3回する方が安心です。

 

夏に気をつけたいのが、布団乾燥機をする時間帯です。

夏は、布団やマットレスが汗を吸って湿度が高くなっています。

ですので、カビ対策のためにも朝起きてすぐ

布団乾燥機をかけるのがおすすめです。

 

なお、朝かけておくと、夜眠る前に布団に入った時に、

布団が温かくて寝心地が悪い、ということもありませんよ。

 

対して、冬の場合です。

冬は、気温は低く、湿度も低いです。

「湿気を取る」目的の場合、週に1回で充分でしょう。

 

「ダニ抑制」の目的の場合は、月に1回でいいですよ。

 

布団乾燥機をする時間帯は、夜眠る前に布団に入った時に温かいと

気持ちいいので、就寝前がおすすめです。

 

毎日温かい布団で眠りたい、という

「湿気を取りつつ布団を温める」目的の人は、

毎日かけてもいいですね。

 

布団乾燥機で毎日を快適に!

布団乾燥機は、必須の家電ではありませんが、

あると必ず役に立ってくれる賢い家電です。

効果的な使い方や使用頻度を知って、より快適な生活を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました