タッパーが電子レンジで溶ける!?電子レンジ対応だって安心できない理由!

生活

スポンサードリンク
 





タッパーの中に作り置きした料理を入れておいて、
さあ食べようと電子レンジでチンした時、
「あれ?なんか変な匂いがする?」という経験はありませんか?
また、「電子レンジでチンしたタッパーの蓋がしまらなくなってしまった。」
ということはありませんか?
それ、実はタッパーが溶けています。
電子レンジ対応のタッパーなのに溶けるの!?と思われる人も
多いと思いますが、電子レンジ対応でも安心できないんですよ。

ここでは、電子レンジ対応のタッパーが電子レンジで溶ける理由や、
溶けた時の人体に与える影響をお伝えします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

タッパーが電子レンジで溶ける理由!耐熱温度を超えてしまう場合がある!

電子レンジ対応のタッパーが溶けたら、
それは不良品じゃないかと思われるかもしれませんが、
そうではないんです。
そもそもですが、お持ちのタッパーは、
本当に電子レンジ対応ですか?
「耐熱」と書いてあるからと、電子レンジ対応だと
思っていませんか?
実は、タッパーにはそれぞれ耐熱温度があって、
電子レンジでチンをするなら140度以上のものが
適しているんです。
耐熱温度は、大体タッパーの底に記載してあると思います。
耐熱温度140度以下のタッパーであれば、
チンすると溶けてしまう可能性がありますので注意してください。
なお、タッパーの蓋も必ず耐熱温度を見てくださいね。
もし蓋に耐熱温度が書いてなければ、
電子レンジに入れない方が無難ですよ。
まずはお持ちのタッパーとその蓋を確認してみてくださいね。

ですが、耐熱温度が140度以上でも溶けてしまうこともあります。
それは、チンをすると耐熱温度を超えてしまうからなのですが、
どういう時に超えるのでしょうか。
それは、2つ考えられます。

1つは、加熱をし過ぎた時です。
必要以上に加熱してしまうと、タッパー内の温度がどんどん上がり、
140度以上になってしまいます。
蓋を閉めたまま加熱するのも注意です。
耐熱温度が140度以上の蓋であっても、閉めたまま加熱を
してしまうと、タッパー内の温度が上がりやすいです。
加熱する際は、必ず蓋を外すか、外したものを上に
軽く載せるようにしましょう。

もう1つは、油分がたくさん含まれた料理を加熱する時です。
から揚げや油を多く使った野菜炒め、などですね。
油は加熱すればするほど高熱になります。
そのため、電子レンジでチンした際に、
油の温度がタッパーの耐熱温度以上まで上がってしまうのです。
ですので、どんな料理であっても加熱はし過ぎないこと。
最初は設定時間を少なめにして、もう少し温めたい場合は、
時間を追加する、という風に小刻みに加熱するのがいいですよ。
そして特に、油分がたくさん含まれた料理の際には
注意をすること。
これを守れば安心ですよ。

タッパーが電子レンジで溶けた!溶けたプラスチックは人体に害?

次に、「せっかく作った料理なのに、タッパーが
溶けてしまった。中のお料理は食べられるの?」
という疑問にお答えします。

答えは、食べても大丈夫です。
タッパーの材質はプラスチックですが、
プラスチックやプラスチック成分は体内に入ったとしても、
消化や吸収はされず、身体の外に出ていきます。
人体に影響はないと言われています。
食品用に使われているプラスチックなら、なおさら安心です。
ただ、小さなお子さんには念のため避けた方がいいかもしれません。
なぜなら、万が一溶けたプラスチックの破片が入っていた時に
自分で口から出せないからです。

電子レンジでタッパーに入った料理を加熱する際には気を付けよう

共働き世帯や離乳食が必要なお子さんがいる人などは、
特に料理を作り置きすることが多く、
タッパーは手放せないと思います。
貴重なタッパーを破損しないですむように、また、
安心して食べられるように、加熱する際にはぜひ気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました