サザエは刺身で食べられる?生で食べる時に注意すべき事は?

生活

スポンサードリンク
 





サザエ、海鮮系のお店やバーベキューのときに食べることが多いですよね。
私もよくバーベキューをするのでサザエをよく食べますが大好きです!

サザエというと火を通して食べるイメージがありますが、これって生で食べても大丈夫なのでしょうか。
なんとなく当たったら怖いイメージがあるのですがいったいどうなのでしょう。

サザエの刺身について詳しく調べてみました!

サザエの刺身を食べてあたる事はある?新鮮なら大丈夫って言うけど本当?

ではまずサザエは刺身で食べられるのかどうかについて調べてみました。

サザエは刺身で食べることができます!
私も以前お店で食べたことがあるのですが、めちゃくちゃおいしかったです。

お店で出てくるものだときちんと調理されているので安心して食べることができますよね。

ですがサザエのような貝類は当たらないかがすごく不安です。
よく牡蠣に当たって大変な目に遭ったということを耳にします。

もちろん新鮮ではなく捕ってから何日も経ったようなサザエを生で食べると当たる可能性があります。

しかしサザエ自身には毒性がないということが分かりました!

蛤やアサリは二枚貝という種類で海中の毒を持ったプランクトンを食べて毒を持ってしまうことがあるのです。

ですがサザエは巻貝でありプランクトンは食しません。
よってサザエ自体に毒は蓄積されないのです。

これを聞くと比較的安心して食べられますよね。

ですが毒性がないからといって絶対に当たらないということはありません。
新選ではないサザエを生で食べると当たる可能性はあるので、新鮮さには十分注意してから食べるようにしてくださいね!

サザエは刺身にこだわらなくても大丈夫!熱を通して美味しく食べる方法!

サザエの食べ方で有名なのはそのまま火を通して食べる壺焼きではないでしょうか。
サザエは自身に毒性がないので、中身は全て食べることができます。

サザエの一番上にあるフタと呼ばれる固い部分は食べることができませんが、肝や他の部分は食べることができます!

刺身として食べるのは一般的に貝柱と呼ばれる部分ですね。
そして貝柱の下は肝になっていてここももちろん食べることができるのです。

サザエは刺身もとってもおいしいのですが、刺身にこだわらず熱を通してもすごくおいしく食べることができるんですよ!

・壺焼き

バーベキューではおなじみですが、サザエを殻ごとそのまま焼いて醤油を垂らして食べる方法です。

炭火で焼いたサザエは本当においしいですよね!
サザエ全体を食べることができるので一番おススメで定番な食べ方です。

・アヒージョ

以前お店で食べたことがあるのが、サザエのアヒージョです。
旨味がたっぷり詰まっていてすごくおいしかったです!

サザエの身と貝柱を食べやすい大きさに切って、オリーブオイルとニンニクを炒めたフライパンに入れて火を通せば完成です。

他の貝類やきのこと一緒にアヒージョにするともっと旨味が詰まってすごくおいしくなりますよ!

・サザエのバター焼き

サザエはバターとの相性もすごくいいので、取り出したサザエを食べやすい大きさに切ってバターで炒めて、さっと醤油をかけましょう。

これだけで本当にご飯が進むんですよね。
食べやすいのでおススメです!

火を通す調理法もこれだけあります。
刺身にこだわらず火を通して食べたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

サザエは刺身で食べることができます。
毒性はないので安心ですが新鮮でない場合は当たる可能性もあるので気を付けてくださいね!

刺身以外でも食べる方法はたくさんあります!
生が苦手な方はぜひ火を通して、アヒージョやバター焼きなどのアレンジで食べてみてください。

火を通すことでさらに食べやすくなって生臭さが苦手な方もきっとおいしく食べられますよ!

生で食べることに抵抗がある方はぜひ火を通してサザエをおいしく召し上がってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました