護摩木の願い事の書き方は?以外と知らない正しい書き方

生活

スポンサードリンク
 





お寺や神社に行ったときに、護摩木に願い事を書くと願いが叶うということを聞いたことはありませんか?

私は今まで知らなかったのですが、去年参拝した神社で祈祷をしていただいたときに教えていただきました。

今までただ参拝していただけだったのですごくもったいないことをしていたな~と今でも思っています。

しかしやり方は教えてもらわないといきなりは分からないですよね。

そこで護摩木の願い事について、意味と書き方についてご紹介していきます。

護摩木に願い事、そもそもどんな意味があるの?

「護摩木」と初めて聞いたけれど意味が分からない!と思いますよね。
私も最初聞いたときは意味が分からず、教えてもらうがまま書いてみましたが帰ってから意味を調べたことがあります。

まず「護摩」というのは「ごま」と読みます。
「物を焼く」という意味があり、焼いたときに出る炎を神仏が食べることで願いが叶うと言われています。

護摩木はその願いを書くものでまさに供物として扱われます。
護摩木を燃やすことで神仏に食べていただくということになるんです。

発祥したのはインドと言われていて、日本では平安時代に伝わったと言われているのですごく歴史が深いですよね。

ですが護摩木には二種類が存在します。

一つ目が「願い事を書く護摩木」二つ目が「供養のための護摩木」です。
これは神社やお寺、宗派によっても異なりますが、私たちは願い事を書く護摩木に願いを書いて、燃やしていただきます。

それを食べた神仏が私たちの願いを叶えてくれる、すごく理にかなった伝統だな~と感じますね。

護摩木に書くのはどんな願いごとがいい?

ではどのように願い事を書けばいいかをご紹介しますね。

まず護摩木はどういうものかというと、長さは20-30センチ、幅は2-3センチのわりと細長い棒のような板のようなものです。

ここに油性ペンで願い事を書きます。
書き方としては

願い事→名前→数え年

の順番に記入していきます。

私が書いたときは書き方があらかじめ書かれていたので、迷うことなく書くことができましたよ!

そして肝心の願い事です。
中には3,4つ願い事があるから全て叶えたい!書きたい!という方もいますよね。

基本的に護摩木は一つにつき願い事は一つです。
ですので一つの護摩木にたくさんの願い事を書くことはできません。

ではたくさんある願い事はどうすればいいのかというと、複数の護摩木を書くことになります。

一人一つしか護摩木が書けないということはありませんので、お寺や神社の方に確認してみてくださいね。

20-30センチで幅もあまりない護摩木ですので、あまりにも長い願い事は書ききることができません。
そうならないように願い事は簡潔に、四文字熟語等で書く方も非常に多いです。

だいたい願い事の種類としては、増益や息災を願うものが多いですね。
幸せになれますように、健康で災害が起こらず過ごせますようにというものです。

私は実際に護摩木に書いたときシンプルな四文字熟語を書きました。
ですが長く書く方もいましたので、自分の自由にかなえたいことを書いてみてくださいね。

まとめ

護摩木の願い事の書き方についてご紹介してみました。

今まで参拝だけしていた方は非常にもったいないです!
お寺や神社に護摩木があれば、ぜひ叶えたいことを書いてみてください。

基本的に誰でも参加することができますが、どこのお寺や神社でも行っているものではありません。

書かれた護摩木を燃やす焚き上げは、日にちを決めて行っているところもありません。ホームページ等で案内していたりしますので参拝前にチェックしてみるといいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました