マウスのベタベタにはクエン酸シートが効くらしい

生活

スポンサードリンク
 





ちょっといいマウスには大体手触りをよくする為に、ラバー部分がついていますよね。

このラバー部分ですが、使っているうちにベタベタになって来てしまう事が多いです。

ウエットティッシュで拭いてもベタベタが延びているだけのような気がして全然取れないし、まだまだ壊れていないので捨てるにはもったいないし、一体どうすれば良いのか悩みますよね。

ベタベタは「クエン酸シート」で落とす

解決方法を探していたいところ「100円ショップのクエン酸シート」が良さそうという情報がありました。

 

マウスに限らずゲームのコントローラーやキーボードに良く使われているゴムっぽい樹脂は時間が経つと「加水分解」と言って水分の影響で表面が溶けているそうです。

「使っているマウスがベタベタしてるのは、手がベタベタしているせい」という疑いを妻にかけられていましたが、どうやら手の汗のせいだけでありませんでした。

参考までに、調べた中で効果がありそうな事を記載しておきます。

マウスのベタベタを落とす方法まとめ

 

ウエットティッシュで拭きとる

ベタベタをウエットティッシュで拭きとるという方法ですが、ある程度表面のベタベタは落ちます。

しかし、やはりウエットティッシュで拭いたくらいではベタベタは取り切る事はできません。

 

アルコールで拭く

アルコールを含ませた雑巾や、アルコールウエットティッシュで拭く方法です。

アルコールがベタベタを溶かしてくれるのか、さっぱりします。

 

消しゴムでこする

ベタベタを落とすというよりは、消しゴムでベタベタごと表面を削る感じです。

根気よく擦ればベタベタごと表面が削れていきますが、下地に傷がつき綺麗には仕上がりません。

 

まとめ

マウスやゲームのコントローラーに使われている素材には、実際にはいろいろな種類があります。

今回紹介した方法ではうまく行かない場合も数多くあります。

「ダメ元、うまく行けばラッキー」くらいの気持ちで気楽に試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました