折り畳み傘が臭い!?傘の生乾き臭対策は重曹でOK!

生活

スポンサードリンク
 





普段はあまり出番のない折り畳み傘ですが、

使おうと思ったら、なんだか洗濯物の生乾きのようなにおいがする。なんて事ありませんか?

私は使った傘は必ず干してからしまうようににているのですが、それでも臭いが残っている事があります。

折り畳み傘なんてバックに忍ばせるものですから、普通の傘よりもっと臭いが気になってしまい、どうにかしたいと思っていました。

そこで傘が臭いときに臭いを消す方法と、原因についてご紹介していきます!

これをやるだけでOK!傘のクサい臭いを消すおすすめの方法とは?

スポンサードリンク

傘が臭うとテンション下がりますよね。

開いたときに臭うとさすのが嫌になりますし、臭い折り畳み傘をかばんに入れておくとかばんまで臭くなってしまう気がします。

ではそんなとき、クサい傘はどのようにして臭いを取っていけばいいのでしょうか。

傘の臭いを取るためには、単純に干せばいいと思っている方は多いでしょう。

私もその一人で、使った後に天日干しをするようにしていましたが、実はこれだけでは臭いが取り切れないそうです・・・。

ですので臭いが気になり始めたら、あれを使ってきれいにしてみましょう。

それは、「重曹」です。

重曹は臭いを落としてくれるのに効果的です。

ではそのやりかたをご紹介しますね。

・水1リットルに対しておおさじ1の重曹を入れて溶かします。
大きめのバケツや桶でこの重曹水を作っておくと、数本まとめでつけ置きができるのでおススメです。

・傘を重曹水に入れます。開くとかなりの面積になりますので、ボタンをはずした状態で閉じてつけ置きしましょう。

・2時間ほど放置したら、お風呂場でシャワーで洗い流します。お湯のほうが汚れも落とせるのでお湯で流してください。

・乾いたタオルや雑巾などでしっかりと水気をふき取って完了です!

つけておくだけなのでとても楽ですよね。
しかも数本まとめて、折り畳み傘なら何本も一気にできるのでとても便利です。

もしタオルや雑巾で水気がしっかりと取れないという場合は、ドライヤーで乾かしてもいいでしょう。
そのほうがすぐに水気が取れるので楽かもしれません。

これで臭いを確認してみてください。
一気に臭いがなくなっているはずです。

使った後毎回この方法をやるのは大変ですので、臭いが気になってきたら一気にまとめてつけ置きしましょう!

 

臭いが付かない傘のお手入れは?

傘って、洗った事あります?

たぶん、多くの人は「洗った事ない」と答えるのではないでしょうか。

雨には、大気中の排気ガスや埃、塵などを含んで下に落ちてきます。

それを傘は全て受け止めているので、汚れていて当たり前ですよね。

そしてそこに傘を手で触ったりして付着した皮脂と雨水で、徐々にモラクセラ菌というものが増殖します。

これが臭いの原因となって付着し、天日干しだけでは臭いが取り切れなくなってしまうんですね。

折り畳み傘のほうが臭いが強くなってしまう原因は、使った後長時間乾かさずにしまったままでいることが多いからです。

傘の汚れを落とす事は、臭いの軽減にもつながります。

傘を使ったら毎回洗うのが理想ですが、さすがに面倒なので、気が向いた時や時間に余裕がある時に洗えば大丈夫です。

先ほどは、「重曹」を使いましたが、傘の汚れを落とすのは「中性洗剤」です。

食器洗い用の洗剤でも大丈夫ですが、傘の素材は布ですので、衣類用の洗濯洗剤が良いでしょう。

薄めて使うのですが、洗面器に小さじ1杯程度が目安です。

最近は、濃縮タイプの濃い洗剤も売ってますので、そういった場合は量を調整してください。

洗浄液が濃いとしみ込んでしまい、流しても流しても泡が消えずにに苦労するので、薄めから始める方がいいです。

 

本来ならば、汚れるのは傘の表面だけなので、タオルや柔らかいスポンジで表面を洗ってやるべきですが、私は面倒なので、折り畳み傘をそのまま漬け込んでしまいます。

シャワーで洗い流したら傘を広げ、裏面も表面もていねいに拭いてあげましょう。

流しきれなかった汚れも水分と一緒にふき取る事ができます。

 

これで完全に乾かしたら終了。ではなく、最後のひと手間です。

乾いた傘の表面にドライヤーを当てると、撥水性をある程度復活させる事ができます。

熱すぎると痛んでしまいますので、10~20cm程度離して。

 

使ったら干す、水分を蒸発させる、これを守ってそれでも臭いが取れないようでしたら、先ほどの重曹水に漬けるやり方を試してみてください!

まとめ

傘は梅雨の時期などよく使うので、そういう時期こそ臭いが気になったりしますよね。

そのままにしていてもどんどん臭くなるだけですので、重曹水につけ置きしてしっかりと臭いを取るようにしましょう。

原因はモラクセラ菌という菌です。

菌の増殖はしっかりと傘を乾かすことで抑えられますが、折り畳み傘などすぐに乾かすことができない場合は臭いが強くなりがちです。

乾かすことを徹底し、それでも臭いが出てきてしまったらすぐに重曹水につけ置きするようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました