素朴な疑問にお答え!スラックスのベストな洗う頻度とは? 

家事

スポンサードリンク
 





スラックスは直接肌に触れるものですし、 

雨の日には裾に泥が跳ねたりもするので案外汚れますよね。 

縮みそうだし、自分で洗うのは難しそう…。」と思うかもしれませんが 

ずっと洗わずにいると、汚れが沈着してしまって手遅れになる場合も。 

そうならないためにも、自分でスラックスを洗う時の 

ベストな頻度について知っておきましょう。 

 

また、自分で洗う時に縮まないようにするための方法も 

合わせてお伝えします。 

ぜひ参考にしてくださいね。 

 

 

自宅でスラックスを洗う頻度とは?夏と冬では異なる!


スポンサードリンク

自宅でスラックスを洗うベストな頻度は、 

季節によっても異なります。 

特に夏と冬では、汗のかき方も違いますよね。 

ここでは、季節ごとのベストな頻度をご紹介します。 

 

夏 

 

洗う頻度は、着たら毎回がおすすめです。 

毎回が難しければ、最低でも2回着たら一度は洗うことを 

おすすめします。 

 

「面倒だなあ。」と思いませんでしたか? 

そう、夏は面倒なんです。 

でも、洗濯しないと汚れが落ちにくくなってしまい、 

自分では洗えなくなってしまうんですよ。 

 

夏は1年のうちで最も気温が高い季節です。 

わたしは太ももの裏に汗をかきやすいので、 

スラックスに汗がにじんでしまうこともよくありま 

そんな汗は、乾いてしまえば気にならなくなりますが、 

汗の中には塩分が含まれていますよね。 

また、夏には身体から皮脂が多く出ます。 

洗濯しなければ、塩分や皮脂はそのままになってしまい、 

汗汚れやにおいの原因になるのです。 

面倒でも、こまめに洗いましょうね。 

 

冬 

 

洗う頻度は、3~4回着たら一度洗うのがおすすめです。 

冬は目に見える汗はそれほどかかない季節です 

「それならそんなに頻繁に洗わなくてもいいんじゃないの?」 

と思うかもしれませんが、実は身体からは絶えず汗出ています。 

それに、夏に負けないくらいの皮脂繊維に付着しているんです 

ですので、34回着たら1洗いましょう。 

 

春・秋 

 

洗う頻度は、涼しい時であれば3~4回着たら一度 

まだ汗ばむ時には2~3回着たら一度洗うのがおすすめです。 

冬同様、目に見える汗はそれほどかかないかもしれませんが、 

見えない汗や皮脂の汚れが繊維についていますよ。 

 

最後に、これは季節限らずですが、 

汚れがついてしまった時やなんとなく不快に感じた時には 

その都度洗うようにしましょうね。 

 

 

スラックスは洗う頻度が高いと縮むの?縮まない方法とは? 

 

スラックスは洗う頻度が高いと縮むのか、という疑問ですが、 

ポイントをおさえれば縮みません。 

ここでは、縮まないポイント4つ紹介します。 

 

ドライコースかおしゃれ着洗いコースで洗う

 

 洗濯機の種類によっても異なりますが、大体の洗濯機には 

ドライコースかおしゃれ着洗いコースというコースがあります。 

これらは、衣類の痛みや縮みを最小限に抑えられる 

優しく洗ってくれるコースです。 

ただ、通常のコースに比べると汚れの落ち具合は弱いので 

汚れが気になる箇所は、洗濯前につまみ洗いをしておくのが 

おすすめです。 

 

洗濯ネットに入れて洗う

 

 

のよじれは、スラックスが縮んでしまうひとつの原因す。 

洗濯中に極力よじれないように、ボタンやファスナーは全部閉め、 

きれいに畳んで洗濯ネットに入れて洗いましょう。 

この時の洗濯ネットはスラックスの大きさに合わせたものを用意しましょう。 

大きすぎても小さすぎてもよじれの原因になりますよ。 

また、洗濯する時には洗濯槽の半分以下の量で洗いましょう。 

洗濯物の量が多すぎるとよじれてしまいます。 

 

自然乾燥で乾かす

 

 

乾燥する時に乾燥機を使うのは絶対にやめてください。 

最悪、スラックスが4分の3位の大きさまで縮んでしまいますよ。 

乾燥する時には、まず、スラックスのしわを丁寧に伸ばして 

形を整えます。 

その後、自然乾燥か、もしくは浴室乾燥で乾かしましょう。 

 

なお、大前提として、スラックスに自宅で洗濯できるものと、 

自宅で洗濯できないクリーニングに出さないといけないものの 

2種類があります。 

スラックスの内側についているタグをよく確認してから洗いましょう。 

 

 

まとめ

 

スラックスを洗うのはハードルが高いかもしれませんが、 

ポイントさえおさえれば、通常の洗濯とそれほど手間は変わりません。 

毎回クリーニングに出していてはスラックスの数が 

足りなくなってしまうので、ぜひこれを機に 

おすすめの頻度で自分で洗濯してみてくださいね。 

タイトルとURLをコピーしました